人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

東村山エール飯④

二日酔いだったので麺類が食べたい訳だが、こんな状況である。

「不要不急」、「自粛」のボーダーはあいまいで人それぞれ、ぶっちゃけチャッとラーメン食べるぐらいはいいんじゃないかという気持ちはある。

しかしこうして情報発信する立場になると、それもためらわれるのだ。

そこでテイクアウトできるラーメンはないかと考えたのだが、和蔵がつけ麵ならOKとのこと、お店へ向かう。

聞けば今日4月10日から5月6日まで、休業することになったと。

図らずも滑り込みで食べられることになったが、現状における飲食業界の厳しさに胸が痛むばかりである。

コロナが終息しても、街に何も残っていないなんてことにならないで欲しい。

さて、注文したのは「魚介豚骨つけ麵」と「辛つけ麵」、どちらも税込み800円。

きちんとした容器に入れ、とても丁寧に包んでくれたのだ。

味はもう「和蔵」。あの濃厚で背脂たっぷりの「和蔵ラーメン」そのものの味だ。

モチゴワッとした極太麺も健在、これを家で食べられるのは、喜ばしいことだ。

さて、しばしの別れだ。

またあの場所で会えますよう。

右「魚介豚骨つけ麺」、左「辛つけ麺」。

和蔵・食べログ