人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

100円の成長(厳密には200円)

今週のお題「ビフォーアフター」

 

ビフォーアフターなどという美味しいネタは、あればもう出している。

しかし、ひとつ出せずにいたものがあるのだ。

ビフォーアフターの面白いところは、その対比だ。ビフォーは酷い程いいし、アフターとの差があるほどに見応えが出てくるものだ。

それだけに、ビフォーを出すには勇気がいる。

これまで何度も勇気を出して来た。

もうだらしがないことを晒すのに抵抗はない。

それよりも私が恥じるのは、「知性のなさ」だ。

名は体を表す。

文字は知性を表す。

字が汚いのが、コンプレックスだったのだ。

 

以前、絵はがき消費にこれからどんどん出す、とここで書いたら「私にも出してください」と言ってくれた貴重な閲覧者さまがおらせましたのだ。

時々コメントをくれていた方で、それは嬉しかったのだが、字よ(笑)

急に上手くなるものでもなし、観念して出したのだが、果たして返ってきた返事は達筆であった。

あぁやっぱり字が綺麗っていいな。彼女は私の字を見て、少なからずがっかりしただろうと思う。

こんな場面は一度ではない。

どこかで住所氏名を書く時。

年賀状。

字なんてわざわざ習いに行くものでもなし。自分で簡単に練習する方法ないかな??

 

ダイソー(笑)

 

物は試しでやってみたのだ。

ビフォーとしてあまりふさわしい例ではないが、ほぼ毎日書いているゲームメモはこんな感じだったのだ。

個人的なメモであり、早くゲームを進めたいので雑の極みだ。さすがに手紙はこのレベルではないが、アフターと比較しやすいので恥を忍んで出す。

良く見てみます?

惨殺と治療を漢字で書いているのは奇跡だ。どうした??

 

これは比較的マシな方。

 

 

で、アフター。まずは遠目で見てみましょうか。

まぁ意識して綺麗に書くようにはなった。

 

上手くなったでしょ、と言えるものではないが、ずいぶんマシにはなったと思う。

かなり辛抱のいる作業だ。ゲームを早く続けたい欲求との戦いである。

 

ペン字練習帳は2冊とも終え、また1冊目に戻って苦手な文字をノートに書いている。

もうだいぶ頻度は下がってしまったけど、続けていきたい。

 

次は写経の予定(笑)