人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<190>

ロボット工学者のシェルターから医者のシェルターまで、やり直し。

前回は医者のシェルターを崖下に見るルートになっていたのだ。そのせいで滑りコケて荷物を破損したばかりでなく紛失。

今度はシェルターの手前に出るようなルートを取る。

 

他のプレイヤーさんの痕跡が残るルートであった。恐らくこっちが正解だ。

ジップライン~~~~!!

いや、私もあわよくば設置しようと建設装置は持って来てあった。ルートを開拓しながら、設置の下見でもあったのである。すでに出来てるなら、こんなにありがたいことはない。

・・・一つ目があるだけで、その先がなかった。こうなったら私がどこかに接続させてやろう。

 

そんなんで、結局今回も過酷だ。

急勾配と岩場が続くので、油断すると滑落してしまう。できるだけ斜面に対して横にルートを取るのだが、崖が多くて思うように進めない。

リアル登山ゲームと化していた。今回は、2回やり直した。要所要所でセーブは必須。

 

結局、どうやっても医者のシェルターへは崖上から出るしかないようで、ロープで下りたのだ。

たくさん持って来ておいて良かった。

無事、納品。UCAにも加盟してくれ、通信が繋がった。

ここでダイハードマンから連絡。マウンテンノットに病人が出たから行って欲しいとのこと。

ここは医者のシェルターだぜ、ここに連れて来ることになりそうな予感満載だが、意外と近そうなので行ってみようと思う。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

医者のシェルター付近は、景色がいい。

温泉もあるし、暇な時にでも散策したくなる。