人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<194>

行きたくないが、指名依頼だ。他にやることもないし、とっとと終わらせてしまおう。ミュールからカメラを取り返す。

ミュールエリアにジップラインを設置して、ヤバくなったらこれでとっとと逃げることも考えた。

しかし設置の前に、やられてしまう。

人数多いんだよ!ひとりずつ倒すなんて無理!

アサルトライフルが使いにくいのでポーラガンに持ち替える。

運良くふたり倒したうちのひとりが件のカメラを持っていたため、急いで背負って逃げ帰った。

 

カメラマンのシェルターには、写真がたくさん飾られている。

これでさしあたってやることがなくなったので、指名なしを受注することにした。

北中継ステーション宛てと、マウンテンノットと、登山家。

北中継ステーション間違えた、逆方向であった(笑)これはマウンテンノットのプライベートボックスに一時保管。

ここで登山家宛てに指名依頼あり。ちょうどいい、指名なしと一緒に済ませてしまおう。

ジップラインを引いたので、ラクチン。

ところが最後のジップラインを下りたら、歩くしかないのか。

障害物でもあるのか、登山家のシェルターにまでは繋がっていない。

ここにセーフハウスを作れば、車両の管理ができるようになる。今度やる。

 

登山家に納品すると、今度は登山家の依頼で「スピリチュアリスト」宛て。

初めての場所だ。途中までジップラインがあったので、乗っていく。

 

ところがだ。下りる時にコケるんよ(笑)崖の上に設置してあるから、下りると同時にコケて荷物も落としてしまう。

仕方がない、納品はちょっと待って、先にジップラインを繋いでしまおう。

 

できるだけ、スピリチュアリストのシェルターに近い方がいい。ジップラインの限界距離は、300mとのこと。障害物があると繋げないので、尾根に沿って歩いていく。

 

が・・・。

ホワイトアウトで何も見えん!

こりゃかなり過酷だ、とっととジップラインを・・・。

 

カイラル通信外になっていて、設置できなかった・・・・・・・。

 

困ったなぁ、もう歩いていくしかないのか。

バイクで行くか・・・・・。