人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<250>

ピザの納品を済ませてマウンテンノットで休んでいると、またヒッグスからメールが。

ピザ、最後の納品をお願いしたいと(笑)

その受注先は、なんとまさに行こうとしていたファーストプレッパーズのシェルターだったのだ。

 

まずは一番近い、スピリチュアリストのシェルターまで行く。

そこからファーストプレッパーズに近いジップラインで降りたが、とんがった崖の上でしばし呆然。

何とかロープは1つあった。これで下り、山肌をそろそろ歩いて向かう。そんなに遠くなくてよかった。

 

ファーストプレッパーズではピザの依頼の他に指名なしがひとつ。

これを納品出来ればカイラル通信が繋がるかもしれない。建設装置は持って来てあるから、上手くすればジップラインも建設できる。

しかしだ。依頼内容が、ミュールからの荷物回収だ。量も多い。バイクもない、ジップラインもない、セーフハウスもない、これはちーと無理ですな。ピザを受注。

 

来た道を帰るだけだ。時間も十分ありそうだし、Sでクリアか?!と思いきや。

帰りはジップラインが劣化で使えなくなっていたのだ・・・・・・・。確かにこれ、このエリアに来て初めて建てたやつだね。行きは使えたから、ギリギリだったということか。

この区間を歩こうにも、よりによってBT地帯。

この調子だと他のジップラインも危うい。くそしちめんどくさいけど、ルート上のジップラインだけでも修復していくかぁもう!!

 

ということで、リセット。

さしあたって登山家とスピリチュアリストからカイラル結晶を貰ってジップラインに投入していったが、どれもこれもボロッボロで全部を綺麗に直すのはとても無理。とりあえず往復耐えられそうな分だけ、少しずつ入れていった。それでもこの辺だけである。まだまだ全然足りない。

 

壊れてたやつ。

どれもこれもこんな感じにボロッボロだ。

 

今後これらをいちいち直さなきゃならないなんて、面倒にも程がある。

このピザで終わりにしたい。