人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

やすべえ@池袋

池袋だ。

時間が無くて、じっくりリサーチできなかった。

調べた時間、5分、2軒だけである。

そのうちの一軒がこのやすべえだ。

つけ麺が売りの、人気店らしい。

確かに行列だ。

回転がいいのでひどく待つことにはならなかったが、行列は途切れる事がない。

「辛味つけ麺」で。

麺の量は中盛り、大盛りも同料金だ。

私は220gの並。

リサーチ不足だったか・・・。

出てきたつけ汁を見てまず思った。

私達はドロドロとかこってりとか濃厚、と言ったタイプが好みだが、この透明感、不安。

しかし私が好まなかったのは、この部分ではなかった。

辛味、という味付けなのだろうが、中華っぽいというか、ケチャップっぽいというか、私の中の「つけ麺」というカテゴリーから外れていたのだ。

そういう物を選んでしまったのだろうからこれはこれで悪くはないのだろう、好みの問題だ。

そこそこ油が入り、こってり感はでているものの、ライトで食べやすく、誰にも好まれそうな無難な味である。

麺もこれといって特徴はないが、しっかりして文句のつける部分はない。

つけ汁には色々入っているのは嬉しい部分か。

チャーシューは脂が乗った柔らかいもので、ボロンボロンたくさん入っているし、ネギもメンマもタップリ入っている。

卓上にはきざみタマネギ、けずり節など珍しいアイテムがあったが、ぶっちゃけどれも相性は良くなかった。

辛味のない普通の「つけ麺」に合わせていると思われ。

スープ割りを頼んだら酸味が際立って、これも私にはNGだった。

好きな人には好まれそうな味だが、私の好みには合わなかったようで。

「つけ麺」にすれば良かったっす。

でも「辛味」を頼んでいる人もそこそこいたので、好みの問題なのだろう。

ぽ子評価です。5段階で、

麺:「3」。

具:「3」。

つけ汁:「3」。

総評:「3」。

「辛味つけ麺」