人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<196>

ブリザードである。ジップラインは必須だ。

根気よく現状で設置してあるものと行き先を把握し、スピリチュアリストから登山家までは繋いだのだ。

マウンテンノット宛ての荷物を持っていたのでさらに下らなくてはならないが、ここでまたジップラインが途切れている。

制限時間のある依頼で時間が惜しかった。一番近いジップラインまで歩く。

私が設置したやつだった。BTエリア手前の。ここまで来ればマウンテンノットまで降りずに行かれるが、登山家から遠いの~。また来た時に、設置していこう。

 

マウンテンノットで納品したら、今度はロボット工学者宛てを受注。ここもジップラインが欲しい。ってか、山岳地帯は全部欲しい!国道の代わりだね。

しばらくは指名なしとジップライン設置でやっていこう。

 

しかしここも過酷だ。

現状でのジップラインはまた飛び飛びになっていて、それらを繋いで行く感じだ。

案外繋がってなくて、着いた先でしばらく呆然とする。

・・・・・・・。

カメラの設定画面、消し忘れてますが(笑)

 

バイクをどこに置いてきたか分からなくなってしまい、進めなくなってしまった。

一度マウンテンノットに戻る。建設装置ももっと欲しい。

 

ロボット工学者シェルターへは、このあと。