人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<188>

→マウンテンノット。

遺体袋に入れたママーを背負ってるんだが、あと少しで着く、っていうところのカーブでママーが語りだして、高所のカーブだよ!字幕とカーブ両方見て運転するのが難しくて、落ちちゃったよ!!

バイクは大破、ママーや荷物にもダメージあったんで、リセットしてやり直し。結構長い道のりである・・・・・。

 

ママー、ロックネ、再会。

しかし、BT化した赤ちゃんを切り離した影響で、ママーがヤバい。

まぁネタバレしていたので、むしろ早く見ちゃって良かった。

さらば、ママー。そしてロックネとまた、ひとつになるのだ。

さて、依頼の前に。BBの調子が悪くなてきたとのこと。

あくまでもBBは人為的に作った装備であり、成長することはありえないはずだった。

ところがBBは、成長し始めているのである。

メンテする、とデッドマンが連れて帰った。

しばらくはBB抜きで動くことになる。つまりBTの発見が難しくなるということだ。

一方こちらは、このあたりのプレッパーズとカイラル通信を繋いで行って欲しいとのこと。

雪山キツい!

BTも避けられず、ほとんど備えてなかったところに2体も出てきてもうタ~イヘン。

助けを出して、装備品を投げてもらって、時間をかけて倒す。帰りも同じ目に合うのか。

 

ロボット工学者のシェルターに到着。

大変だった。そしてこれからどうしよう・・・。

どうやらここから、気象観測所が近いみたいである。ルートを開拓するか、新しいシェルターへ向かうか、戻るか・・・。

 

バイク、もつんかな!?