人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<193>

登山家の新たな依頼は、「カメラマン」のシェルター。かなり戻ったところの山岳地帯にある。

初めての場所だ、どうなるかわからないので、念のためハシゴとロープをたくさん持って行く。

まずはこの山を下りなくてはならないが、もうバイクがない。ってかBTと出会いたくないので、ジップラインですっ飛びたい。

カイラル通信が繋がったので、施設は劇的に増えた。セーフハウスも目の前にあり。

 

ビューン!

快適快適!

崖上で終わっていたジップラインも、さらに先まで伸ばしたのだ。マウンテンノットのほぼ手前まで繋がった。これでもう、登山家までのルートは良し。

 

マウンテンノットでバイクを調達して、カメラマンのシェルターに向かう。

国道を外れ、山を登り、バイクを下りるまでもなくすんなり到着。

女性のカメラマンだ。カメラウーマンとは言わないのか。

 

ここで今度は、落として来たカメラケースの回収を頼まれる。

武器と防具の支給あり・・・、行きたくない(笑)

しかし指名依頼だ。

行き先がミュール地帯だったら、ジップラインを設置してとっとと逃げられるようにしようかと思案中。

あんまり需要ないかな!?

 

では行ってきます。