人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

J・BOY~ハリウッド音楽学校留学記 ~ / 目黒真二

音楽仲間の目黒さんがkindleで本を出したと知り、購入。

以前糖尿病の話をブログで読み、こういう言い方をしていいのか分からないがとても面白かったので(笑)興味があったのである。

   

1994年。

色々と思うところがあり、思い切って会社を辞めてアメリカの音楽学校に留学することを決めた目黒さんは、当時28歳。単身、ハリウッドに渡る。

夢と希望を胸に始まったその生活はしかし、思い描いていたものとは全く違うものとなった。

毎晩のように押し掛けて来るヨーロッパ勢の「多国籍軍」に勉強の妨害をされ、夜道を歩けばカツアゲに合い、言葉もままならないままの授業はついていくのもやっと。

そんな日常を、見栄を張らず等身大に描いていることに好感が持てる。そこにいるのは野望に燃えた一匹狼などではなく、戸惑い、失敗し、被害を被ってばかりの日本人だ。そこにおっとりとした目黒さんの人柄が垣間見え、とても心地が良いのである。

旅行記ではなく生活、それもアメリカに於けるヨーロッパの人達との同居、しかも彼らは若く、無謀だ(笑)他人ごとだから言えることだが、面白かった。

温厚な目黒さんがとうとうブチ切れするシーンは、爽快で感動的ですらあった。

「外国にいたらいちいち不快なことはその都度言わないと、自分の境遇はどんどん悪くなっていくばかり」という言葉が、日本人としては新鮮に映る。そんなカルチャーショックを目黒さんと共に感じることができる1冊だ。

体験記の後に、「裏・JOY」としてもうちょっと突っ込んだ話が加えられている。補足的な役割もあり、全体像が見えやすくなっている。読み応えとしても、いい感じだ。

kindleというスタイルもあり、軽くサクッと読める作品である。

いい評価をつけるが、知り合いであることを差し引いた正直な評価であります。ホントに面白かった!

ぽ子のオススメ度 ★★★★★

「J・BOY~ハリウッド音楽学校留学記~」 目黒真二

kindle版

  

ご購入はコチラ