人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

オブリビオン<4>

出られない(笑)

牢屋から出られなかったのだ。発光までした。どうしても分からないので、ネットで調べてしまった。

開錠用ピックで開けるか、刑期まで寝るかであった。く~。イスは調べたんだが、あの布団、寝られたのか。

いらぬ窃盗のせいで、刀剣のスキルが下がってしまった。

そしてまた、放り出されてどうしたらいいものか。

行くあてがないので、マップを埋めていくことにする。とにかく広いので、把握したい。

タルや箱はもう無視だ。持ちきれなくなっている。

会話はほどほどに、説得はマジで訳分からん。

そんなこんなしているうちに、盗賊を捕まえるかなんかのミッション?発生。

さりとてどこへ行けばいいのか分からず、差し当たってコンパスの赤いマーカーを目指す。

外に出るとマーカーが緑になり、どうやら近付いている様子。

ところが、結局その場所に着いても何もないのだ。

そこでふと思い出した。夜中になったら、とか言ってたような??

民家の布団で勝手に眠り、夜にする。すると、人(というか、何なのだ?)がいたのだ。

話をしてみると、ギルドがどうとか。

盗賊のギルドと言うが、私はそんなものに入りたいことになっているのか。

流れに抗えそうもないので、今度はギルドを目指すことにした。

庭園地区の南。

会話で聞き出すんだが、早いのでメモを取る暇がない。苦労してやっと、庭園地区のアルケイン大学へ。

さしあたって適当に進む。ワープした。くしゃくしゃの白い紙を「貰った」つもりが、どうやら赤いマークは「盗む」であった模様。またしても投獄の危機だ。今回はお金で解決した。

まだまださっぱり分からないことだらけだ。プレイしている感はない。呆然としている(笑)

しばらくはこの辺りを探索する。