人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

節極@聖蹟桜ヶ丘

聖蹟桜ヶ丘。

滅多に行く機会のない場所である。滅多に食べられないラーメンを食べておきたい。

予めいくつか絞っておいて、あとはその時の気分に合わせることにした。

してその時の気分が、ここであった。

九州系、節系、担々麺など色々出しているお店だ。

府中の「節」との姉妹店らしいが、そもそも以前から「節」に行きたいと思っていたのだ。いい機会である。

九州系の「白潮豚骨」を粉落としで。

チャーシューはバラとロースから選べたので、脂の少ないロースに。

この系にしては、ちょっと待つ。

出て来たラーメンは、ごくシンプルなものだ。

スープが軽く泡立っており、その濃度を感じる。

脂っこさはなく濃厚で、ポッテリとした軽い重みのあるスープはまろやかで美味しい。

臭みやクセはなく、食べやすいながらどっしりとした重厚さがある。

麺は粉落としながら、バキボキしたような芯はない。写真を撮ったりしてちょっと時間が経ってしまったのもあるかもしれない。

それでもギュッとした極細麺の噛み応えが心地良い程度だ。

トッピングは特に印象に残るような感じではないが、模範的なものだ。

チャーシューは薄いので、あんまりインパクトがないかな。

のりはバリッとして大きい。

卓上に辛子高菜がないのが非常に惜しい。替え玉するかの分かれ目はここである。

突出したものはないにせよ、スープの美味しさは印象的であった。

府中の「節」も気になって来るところである。

ぽ子評価です。5段階で、

麺:4

具:3

スープ:4

総評:4

「白潮豚骨」

麺は極細ストレート。