人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

エル肛門嚢炎再び・1

ギャオ!!!

エルはご機嫌斜めだ。

このところ日中ミッツをリビングに放っているからか、寝室から全く出てこなくなってしまった。

とうとうハンストまで起こし、こりゃしばらくミッツには戻ってもらおうかと思っていたところ、抱き上げた途端にギャオッ!と鳴いたのである。

これは・・・、痛いのだ。背中を撫でるだけでもフー!と言って怒る。

前にもあった。肛門腺破裂。そうだったのか。思い返せば、合点のいくことばかりである。

お尻を見たいのだが、痛がってとても見られる状況ではない。異常は明らかなので、病院へ連れていった。

怒り狂うエルを取り押さえて診てもらったところ、破裂はしてないが、炎症を起こしているとのこと。絞りますと。

背中を触るだけで怒るエルの患部を絞るのだ。嫌な予感しかなかったが、エルは大激怒。

取り押さえられながら、ギャオーガオー!!と大きな叫び声を上げた。何度も噛みつこうとしたが、カラーがあったので流血は免れたのだ。

一応絞るものは絞ったけれど、これでも破裂する時はしてしまうとのこと。抗生剤もそれを防げないらしいので、今後しばらく注意が必要だ。

エルは激烈ご機嫌斜めで、しばらく一人で勝手に唸っていた。そちらも心配。ご機嫌直して。

かくして、また改良したカラーの登場となった。

エルのご機嫌は直ったようだが、ほとんど動かず自分からご飯も食べようとしない。トイレの回数も激減している。触れると怒るので、まだ痛いのだろう。

早く治りますよう・・・。