人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<132>

ミュールらが気絶している間に、金属をかっぱらって橋を作ろうと思う。土台だけ出来てるのがいくつかあった。

気絶すると結構長い間復活しないようで、かなり遠回りだったにも関わらず悠々回収できたのだ。

お倒れのミュール。手前はかっぱらった素材。

土台はなかなかいい場所に設置してあったから、今後の行き来が楽になるはずだ。

もう来たくないけどね。プレミアム配送を狙う日が来るだろうか。

じゃ、荷物は揃った。サウスノットに納品に・・・、の前に、自分が作った橋が気になってきた。

5ケタいいねが付いているのだ。劣化してたら修復したい。

近くのセーフハウスの車庫にトラックを入れ、代わりに誰かのバイクを借りていく。

橋、綺麗だった。

意外と寿命が長いのか、誰かが修復してくれてるのか。

では、サウスノットに行くとしよう。

一本道ながら、遠い道のりだ。

曲がりくねっていたり高所だったりして油断できない。

そしてやっと着いて納品しようとしたら・・・・・・・、ないのである、荷物が。なんで!?

なんでなんでなんで!?マップを表示すると、納品すべき荷物は赤く表示されていた。どうもセーフハウスにあるらしい。

バイクに乗り換えたのがいけなかったか。

くー、面倒だが致し方ない、戻る。

・・・たところだ。

見たところどこにもないので、プライベートボックスに入っていると思われ。

なければまたミュールんところから回収するのか??

はー、今夜が怖い。ありますように。