人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<134>

ミュールエリアではセンサーに引っかかったが、追い付かれる前に抜けられたのだ。無事、納品。

次の依頼は、ミュールエリアへの潜入だ(笑)ジャンク屋の荷物の奪還。

また合計の荷物が多そうだったので、近くまでトラックで行く。

そこからは徒歩でコソコソ、センサーをかき消せたこともあり、1ヶ所目は気づかれずに回収できたのだ。

できたのだが、戻る途中で見つかってしまい、ダッシュで逃げる。トラックまで行かれれば振り切れるんじゃないか。

ところが、そのトラックが来たのである。向こうから。

何で?誰が??

ピンチになると迎えに来る仕様かと思ったら、中からミュールが降りて来た(笑)なんでw

何とか逃げ切って分納で納品しようと思ったら、ない。荷物がないのである。

本当に謎だ。回収する時の操作を間違えたか。

腹立つ。リセット。

最新のデータをロード、すると今度はトラックがない。

時々このように車両が消えるが、まじ勘弁してほしい!

もうひとつ前のデータをロードし、再潜入。今度も追われつつ回収し、納品。

同じ要領で2ヶ所目も納品。

最後は拠点の中心部だ。警備も厚い。

より安全に行かれるよう、グルッと回ってK4南配送センターに近い方から潜入。

しかし気づかれるのは必至、どんどん囲まれて、荷物の回収どころではない。ある程度倒さないと。

ポーラガンだけでは足りず、結局格闘だ。

ポストから荷物を出して逃げると、ビヨ~ンってヒモみたいなのが伸びてきて取り返されてしまった(笑)なんだあれw

その取り返した奴がこっちを追って来たので、倒して取り戻す。ダッシュでジャンク屋のところへ。ひとつふたつ足りないかと覚悟したが、全部納品できたみたいだ。トラック、いらなかったな。こんなんでも、S。

さて、次はまたトラックでK4南配送センターとサウスノットに行きたいが、その前に、ミュールのところからついでに取ってきた落とし物を届けたい。映画監督とコスプレイヤー。親密度の低そうな人の分だけ持って来た。

次回、落とし物の納品から。