人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<147>

お出かけ前の数十分。こうでもしないと時間が作れん!

 

コレクターのシェルターからのスタート。

まずはK4南配送センターへの荷物を納品して、またミュールのところからの荷物の奪還。こんなんばっかだよ、この人は・・・。

 

今回も2つのポストに分散されていたので、1回ずつ分けていく。

2ヶ所とも、ポストの近くに誰かが橋を設置してくれていたので、助かる。

橋の近くにバイクを置いて、オドラデクセンサーを連打しながら潜入。

どうやら上手く向こうのセンサーをかき消してくれたみたいなので、気づかれずに奪還できたのだ。・・・行きは。

帰りに見つかってしまい、ダッシュで逃げてバイクへ。バイクにさえ乗れれば振り切れるのだ。K4南配送センターに一時保管。

 

もう1ヶ所は・・・、いいこと思いついてしまったのだ。どうやら割と潜入するだけならできそうである。隠れられればいいんだが。

ホログラム!

いちいち作成しなくても標準装備になっているのが嬉しい。

これは手前の岩に化けてるところだ。

センサーに引っかかったので、こうして奴らがいなくなるのを待った。

 

ところが、センサーにかかると見つかるまでどかんのか。いなくならないのである。

そのうちホログラムの充電が切れた(笑)

やり直そうか迷ったが、ポーラガンで拘束して(蹴り潰すのを忘れずにw)先に進んだのだ。

スタンボムも放ってみたが、全然効かない!当たってないのか??

使えるのはポーラガンとおのれの拳だけである。

 

それでも何とか荷物を取りだして逃げることに成功した。

ちょっと・・・、言ってしまうが、ミュール戦、楽しくなってきたw

 

納品したところだ。

次もまた、コレクター発。

BTんとこからの荷物奪還が残っていたような・・・。