人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

衝撃は、一度でいい。

一応店名は伏せるが、あんなお店である。ノーヒントでも分かる人がいるんじゃないか??

駅前で、お祭りのような催しがあったのだ。

昼から繰り出したので、時間はまだ早かった。つまり、飲めるお店があまりなかったのである。

3時まで待てば、いくつかの居酒屋さんが開店する。

どこに行くか考えながら、それまで時間を潰した。

3時になり、向かったのは、比較的最近できたお店であった。ドリンクが安いのがウリで、2時間の飲み放題がバカ安だったからそれを注文。

飲み放題にはワインも含まれていたので、これだけでもう最低ラインはクリアだ。ハズレ店にはなり得ない。

はずなのだが。

まず、テーブルが汚れていた。拭いた形跡がないのである。

さっきまで誰かがこのテーブルにいた訳でもなく、最後に拭いたのはいつなのか??

いや、たまたま忙しくて手が回らなかったのかもしれない。ドリンクを持って来た時に拭いてもらう。

次はちょっと衝撃であった。注文した料理が写真と全然違うのである。思わずふたりで「え!?」と言ってしまった。

500円のそれは、どう見ても100円以下でできそうなもの。

まぁ値段の設定は店がするものである。500円だと言うなら500円で仕方がない。考えにくいが、もしかしたら高級素材を使っているかもしれないし、それを否定する根拠もない。

しかし料理全般、料金設定が高い印象は否めない。ドリンクの安さをここで補っているのかもしれない。

結局店の印象を決定づけたのは、トイレだった。

便器は黒ずみ、長い間掃除がされていないことを物語っていた。

ブルーレットで言う「さぼったリング」だ。これは一日二日でできるものではない。

掃除しないことも問題だが、これを見て誰も何とも思わないのだろうか。

そして、2つ並んでいるトイレットペーパーのホルダーのうちひとつはペーパーがなく、もうひとつはデロンと引き出されてぶら下がっていた。

床はなぜかベチャベチャに濡れている。

開店直後のトイレだ。昨日からこのままってことか?

私達がお店を出るまで、他にお客さんはひとりも来なかった。外は祭で賑わい、満席で入れないお店もあるというのに。案外この状況は、すでに周知されているのかもしれない。

私も二度と行かんわ。