人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

無敵のタルタルソース

「フライには醤油。」と言う、バンド仲間。

「だよね?」と振られたダンナもウンウンと首を縦に振り、「アジフライは醤油。」と返した。

私は断じてNOだが(笑)中濃ソースつゆだく一択だ。

しかし、例外がある。タルタルソースである。

 

・・・ということを思い出して、今度は私がダンナに聞いたのだ。「フライにはタルタルソースだよね?」ダンナの好物である。ノーの訳がない。

「じゃあ、アジフライにどっちかけるの?」

 

ダンナは「えっ!」と言って口ごもり、「いやいや、だってタルタルソースが旨いんだもん、あれは別格でしょ!」と続けた。

なるほど、確かに。タルタルソースはそれだけで美味しいのだ。何にだってかけてしまえば美味しいに決まっている。合う合わないではないのではないか。

 

「タルタルソースに合わないものってある?」

「う~ん、例えば・・・、肉じゃが?」

「・・・・・いや。」

「あり得る。合うとまでは言わなくても、別に悪くないんじゃない?ポテトサラダみたいで。」

「じゃあ、冷奴。」

「醤油かけたら良さそう。」

「生姜焼き。」

「普通に美味しそう。」

「お刺身は?」

「白身魚なら合うんじゃない?」

「いや、カツオなんかでもイケる。」

「何かないのか?合わないものは。」

「ラーメン(笑)」

「それは味というか、汁ものだからじゃない?」

「確かに、油そばとかなら全然イケる。」

 

つまりだ。

タルタルソースはオールマイティだったのだ!

 

なんて話をしていたら、無性にタルタルソースが食べたくなってきた。

しかしやはり、出来立てのフライにかけたいと思うのであった。