人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

なぜ、山に登るのか?

このところ良く登山に行くようになったが、自己鍛錬、気分転換、自然観察・・・などと体のいい名目を挙げつつも、下心はある。

痩せるんじゃないか??

数時間単位で、運動し続けているのである。なかなか家庭レベルでできるものではない。

実際、その後数日の筋肉痛が、そのスケールを物語っている。

ダイエット的観点から言えば、毎日だって行きたいところである。

かなりいい数字でカロリーが消費されていることだろうと漠然と思ってはいたが、一体どれほどのものなのか。ふと疑問に思って調べてみたのだ。

やはり同じように思う人も多いのか、そこには消費カロリーを算出する数式なんていうものが存在したのだ。

体重×0.155=登山における一分間の消費カロリーとのことである。

厳密にはここに性別や登山の難易度も絡んでくるらしいが、ザッとした目安としては十分らしいので計算してみた。

まず浮かんだのは、約7時間という長時間に及んだ前回の登山だ。あれでどれぐらいのカロリー消費になったのか??

ところで、運動で痩せるというのはダイエットの王道だが、ハッキリいって効率としてはいいとは言えない。

ジョギング1時間で約420kcal、クロール1時間で504kcal程度となっている。

7時間も続けられれば登山と同等になるかもしれないが、非現実的であり、少なくとも私には不可能だ。

ところが登山がこの「7時間」を可能にしてしまった。

果たしてその消費カロリーは、なんと3780kcal。食べ過ぎた日の摂取カロリーをも、大幅に上回っている。

しかしだ。

実際には痩せるどころか、また太りだしたと言っていい。

その後2、3日は筋肉痛でブートキャンプができない。休日には飽食に明け暮れる。これだけで、一週間のプラマイがトントンかプラスかということになってしまうのだ。

恐るべし、不摂生。

そんなんで、ダイエットのモチベーションがだだ下がりの今日この頃。

毎月体重と体脂肪率をアップするようにしたが、今月は増える方に期待していただきたい。