人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

いい人生

静かだ。本当に、静かだ。静かになってしまった。

これまで4猫がいたが、先日2匹目が死んでしまい、今は2匹となっている。

この2猫は滅多に鳴かないので、全く静まり返っているのだ。

思えば先に死んだラッキーは鳴いて要求する子だったし、ミュウの晩年は年齢的なものか、とにかく良く鳴いた。

それが当たり前だったから、こんなに静かな状態は不思議な感じである。

あの騒がしい日々は、完全に失われてしまった。

先日リハで弾いた課題曲には、ピアノだけの静かな伴奏になる部分があったのだ。

あれを弾くと、なぜか4猫がいた賑やかな日々が思い出される。

またひとつの時代が終わったんだなぁと感じる。

これからも私は、失い続けるのだ。

出会い、手に入れ、慈しんだものを、今度は次々と奪われていく番である。

やがて健康も能力も奪われ、最後に私自身が奪われるまで。

何とも残酷なものだが、それでも「いい人生だった」と思って終わる方法はあるはずだ。

全てに感謝できますよう。