人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

感動を、創り出す。

そろそろ1時間が経とうとしている。

ブログの下書きを始め、ゲーム、グルメ、と決まった記事を入れると残るは日記だ。

まぁそうそうネタなんてないですよEE:AE4E6

どうしよう、何かないかと考える程に、脳味噌の可動キャパシティが狭まっていく。

もともとないものを考えようったって、出てくる訳がないのだ。

腕を組んで、目を閉じる。

グー。

寝ていた。

時間の無駄だ。しかし書き上げないことには次に移れない。

ないものは、書けない。

時間ばかり過ぎていき、やがて焦りが苛立ちに変わっていく。

何やってるんだか。何もないんだよ、書くことがEE:AE482考えたって、無駄なんだよEE:AE482

いや、なくても作り出せるじゃないか。

昨日は何してた??

おとといは??

目を閉じて、思い返す。

グー。

いちいち時間のかかるヤツだ。

思い返したところで、だからどうだという感じだ。

お酒を飲みました。

二日酔いで寝過ぎました。

だから何だ。

もっと細かく書くか。

8時ぐらいに娘の家に行き、焼酎を炭酸とレモンで割って飲みました。

だから何なのだ。

何が足りない??

驚き、共感、笑い、感動、もらい泣き。

心を動かすものがないのである。

そんな簡単に、心動くかなぁEE:AEB64

小さくていい。

たとえ「へ~」でも、そこには数ミリの動きがある。

しかし「へ~」の在庫すら、ないのだ。

数ミリだ。

なくはなかろうが、重箱の隅をつつくようなものである。

ほんの数ミリなら、埋もれたものを探し出すよりも作り出した方が早い。

ええい、数ミリの感動をこれから作ることにするEE:AEB30

~つづく~