人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

メダカの飼育日記・44

水温管理を怠って、成魚1匹と稚魚3匹を死なせてしまってから、ベランダの東側は寂しいことになっていた。

稚魚の飼育に使っていた発泡スチロール鉢には誰もおらず、1号鉢の成魚はとうとうたったの2匹に。

辛うじて、1号鉢の中に隔離したネットの中の2匹の稚魚が、なぐさめとなっていた。

このままだと今年の稚魚は2匹だ。

採卵した数に対する孵った数も少なかったが、死なせて全滅したことが本当に悔やまれる。

そんな中ある日、一号鉢のエサやりをしていたら、新たな稚魚を発見したのだ。

産み付けた卵や小さな稚魚は成魚が食べてしまうようで、人の手で採卵してそれなりに育てないと、このように稚魚を見ることは難しい。

それでも時々このように生き残る子がいるのである。

2、3日あとにももう1匹、同じ色の稚魚を見つけた。

稚魚は黒系が多いのだが、この2匹は楊貴妃のきれいなオレンジを継いでいる。死なせてしまった発泡鉢の子の色と良く似ている。

黒の色味がないので、もしかしたら死んでしまった白い子との子供なのかもしれない。

自分がそう思いたいだけかもしれないが。

掬ってネットの「保育園」に保護したのだ。

少しでも大きくなるようにせっせとエサをあげているが、冬を越せる程の大きさになってくれるだろうか。