人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ラッキー、腎不全1

*後で読み返す時に探しやすいよう、タイトルを変えました*

ラッキーが入院した。

厳密にいうと、「入院させた」の方が正しい。

正解のない治療法だ。選択は私に委ねられ、「入院させた」のである。

これでいいのかは、分からない。

分からないが、選ばなくてはならないのだ。

あれからラッキーは、ご飯を食べなくなってしまった。

水は自力でも飲みに行くが、足元がおぼつかず、ヨタヨタだ。

実は、3年前に腎不全との診断を受けていた。

腎不全は治らない病気であり、その後はいかに悪化させないでいくかが課題となっていた。

しかし私は、その治療を放棄した。

辛うじて療養食は食べさせていたが、本人は至って元気。

そして腎不全は病気ではあるが、ひとつの老衰の症状だという考えに至ったのだ。

苦痛がないうちは、自然に過ごそうと。

そしてついに現れた変化が、今回の変化だったのだ。

検査をすると、やはり腎不全が進行していて末期に入っていた。ステージ4。

とにかく食べていないし水分もどれほど摂れているのか、衰弱している。

できるだけ家で過ごさせたいが、まずは体調を安定させることを優先した。

治療には静脈点滴と皮下点滴とがあり、前者は効果が高い代わりに入院が必要、後者は短時間でできるが効果は6割ほどしかないとのこと。

何しろ検査の数値が悪いので、入院中に万が一のことも起こり得るなどと言われ迷ってしまったが、見た感じの状態はそんなに悪くはなさそうだとのことなので、まずは点滴で様子を見ることにした。

あまり変化が見られなかったり容体が悪くなってきたりするようなら、連れて帰ろうと思う。

病院で不安にしてると思うと、本当に可哀想でならない。

でも、希望があるうちはやれることをやりたい。

急に悪化したタイプの腎不全なら、まだ回復が見込めるという。

どう転がっても後悔は残るだろうが、その時その時の最善を尽くしたい。

・検査結果(基準値を出ているもの)・

Seg:12413↑

Eos:73↓

Bas:0↓

RBC:6.39↓

Hb:9.5↓

HCT:27.4↓

BUN:188.4↑

CRE:11.5↑

IP:15.6↑

TCHO:227↑

Na:145↓

K:2.3↓

Cl:107↓

Na/K:63↑