人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

[古日記]No.6 S62.9.1~10.7②

学校とバイトを終えて帰ると、良く遊び、良く寝ていた。

肝試しに土葬墓場に行っているが、あの時代でもそんなものはあったのだろうか。

相変わらずトランプばかりやっている。

たまに違うと思えば、人生ゲームだ。

まだまだ子供だ、かわいいもんじゃないかと思いきや、酒も良く飲んでいる(笑)

休日には本を読んでは寝ていた。

怪盗ジバコ、真実一路、斜陽。

起きたら夜の7時とか。そしてまた本を読んで寝る。

レンタルビデオで「キタキツネ物語」、「カタストロフ」、「バタリアン」、「コミック雑誌なんかいらない」。

夜のヒットスタジオに久保田利伸が出ている。NG大賞はこの頃から好きであった。ポッパーズMTV。

原宿へ服を買いに行く。

この頃は姑娘とナンハイツがお気に入りであった。

道端でアンケートに答えたら、危うく映画の鑑賞券を押し売りされるところであった。

いらないと言ったら最後には大声でクソミソに罵倒されて怖かったEE:AEB64

渋谷公会堂へボウイのフィルムコンサート。「氷室さんに恋してしまうわEE:AE595

さぶっ!キモッ!「氷室さん」に同情する。

そう言いながらも、レコード屋を回ってLOOKの鈴木トオルのポスターを貰う。

学校帰りに北の丸公園へ行ったら、武道館にボンジョビが来ていた。

西武球場へ野球を見に行く。「とましの」。

この9月に大地震が来るという予言にビビる。

死語、「サ店」。

そう言えば、サ店で良くギャラクシャンやったなぁ。

喫茶店「マイアミ」(笑)

ここにUPした日記は、どんどん捨てている。

なぜかとても清々しい。

不思議な気持ちである。