人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<62>

クラフトマン→南配送センター。国道はまだ復旧せず。

改めて確認すると、必要な資材はカイラル結晶だけではなかったのだ。金属とセラミック。結構な量が必要である。

あぁでも、ここに道路が通ってたら劇的に楽になるんだが。

まだゲームを始める前に、コツコツと国道の復旧ばかりしている人の話を小島監督のインタビューで聞いたことがある。監督すら意図していなかった遊び方だったとのことだが、う~ん、分かる(笑)落とし物と同様だ。実生活には起こりもしないボランティア精神が、この世界ではうずくのである。

という訳で、国道復旧に勤しむことにした。

他のプレイヤーが結構資材を投入してくれていたので、酷く多くはない。金属800とセラミック600。これで道路が復旧。

作成中。

良し、完成だ!早速ここを使って進もう。・・・・・・が。

ええっ!?これだけ!?黄色い横線の区間だけであった。おいー、こいつは気の長い話だな。

しかし私は、こういったことには気が長い。

次の区間にカイラル結晶を入れ、次に金属・・・、配送所から貰える資材はもう底をついていた(笑)今後は自力で集めていかなくてはならない。

しかし地上に落ちている分は、数は多くてもひとつひとつはごく微量だ。

ある程度溜まるまでは、もう手が出せん。

帰り道。遠くに途中で終わっている国道が見える。

そうだ、他の拠点から資材を貰えないかな?私一人では大した量にはならんだろうが、チリツモだ、みんなで力を合わせていこうぜ!

しかし過疎ったらどうなるんだ、このゲームは・・・。

ということで、指名なし依頼を受けつつ、国道に資材を投入していこうと思う。