人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

MFR Vol.37〈AFTER〉

「どうするの??もうすぐ出るよ。」と声を掛けられたのは何時だったのか。

朝である。

前日はほとんど飲んでいなかったので二日酔いはないが、とにかく私は休日の朝に起きることが苦手なのだった。

主に、甘えだ。私が起きなくても困る人はいない。寝かせて。お願いだから。

そういう意識が脳に体に染みついているので、ちょっとやそっとの声掛けではビクともしないのである。

「後で合流する・・・。」と結論を先延ばしにして、当座の惰眠を守り抜く。

昼前に自然と目が覚めた。目覚めとは、これである。起こされて起きるのは、苦行か罰である。

どれ。合流するとするか。

ダンナはギタリスト夫妻と初詣に行ったのだった。

彼らのことだ、その先にあるのは「飲み」に決まっている。

府中の神社の神様、ごめんなさい。そのうち散歩コースにして、遅ればせながら私も参りますんで。

空は綺麗に晴れ渡っていたが、どえらい寒かった。

寒波が来ているとかで、このところ急に冷え込んだ。

私は府中の神社に、もっと暖かくなってから行くぞ。

久米川駅でバスを降り、みんながいるその店に向かう。

まだ二日酔いが完全に癒えていなかったのは、幸いであった。気持ち良く酔いつつも、理性的に行動することができた。

美味しい料理をたらふく食べ、またしてもギタリスト宅にお邪魔し、ダンナが寝てしまいそうになり、そこで切り上げた。

それでも私はまだ正気を保って酔っていたのだ。もっと飲むつもりでいた。

家に着いてワインを用意し、ダンナが風呂から出るのを待つ。

・・・寝ていた。

ふと気がついたらダンナは風呂に入っていて居なかったのだが、一瞬何が起こったのか分からなかった。

ここはどこだ?なぜひとり??

そうか、ダンナが出てきたらワインを、・・・。・・・・・。

そのまま私は起きることはなかった。

その代わりダンナは、出してあったワインをひとりで全部飲んでしまった。

「うー・・・・・・。」

翌朝着替えに寝室に来たダンナは、顔をしかめてベッドに座って動かなくなった。

「なに?だいじょぶ??二日酔い??」

「ああ・・・・・・・(ため息)」

金曜日から飲み続けだったが、この朝が一番辛そうであった。よりによって出勤の朝に(笑)

魚はほとんど残し、お茶漬けだけ食べてダンナは嫌々出かけて行った。

最後のワインがダメ押しだったのだろう。私はスッキリ爽やかな朝を迎えていた。

こうして、一日遅れの新しい週が始まった。

気がついたらもう、木曜日じゃないか(下書き時点)。

今夜はまた飲ませてくれるらしいので、何だかんだ今週も飲み続けになりそうな予感である。