人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ウェルカム!足の長い危険な女王

涼しいじゃないか。

雨も降ってないじゃないか。

続きをやろう。

庭へ出る。

今日のTGTはエニシダだ。悪いがもう君とは別れを決意した。

ハサミで切れる枝は切れるだけ切って、残った幹はまたいつか涼しい日にのこぎりで切り落としてやろう。

春先に一度軽く切ったにも関わらず、もう横を通り抜けられないほど伸びていた。

その割に私の切り方が悪かったのか、あれからほとんど花は咲かなかった。

花も咲かない枝が、ナイアガラの花火のように華麗に伸びているのである。

迷いはない。

しかしどこから手をつけていいやら。

剪定には「基本的なルール」があるのだろう。良く見ると以前切った切り口の周りから、細い枝がたくさん生えている。

それを見越して切るべきだったのだろう。何だか切る前よりも増えているみたいだし、細くて短いので一気にいけず面倒くさい。

かといっていきなり枝を落とせば、この小枝がゴッソリついてくるのである。やはりカサは減らしたい。

仕方なく、できるだけ長くて太めのものから切っていく。

気の長い話だ。時間をかけて、やっと下半身がスッキリしてくる。ちょっと羨ましい。

上の方は背伸びをしないと届かない。はぁ、これまた良く生えましたこと。

何か潜んでいそうで嫌な感じがしたが、昨日同様、辞書から「虫」を抹消。

どれっ、グイッ。引っ張ってパチン。ボヨンと戻る幹。

すると中から、

中から、

ハチが・・・EE:AEB64

幸いボンヤリしていたのか、お怒りの様子ではなかったので助かった。

これ、アシナガバチやんEE:AE482去年もおととしもここに来ていたヤツEE:AE482もはや毎年恒例か。

あぁ、どうしよう。てっぺんのボーボーの部分を、出たり入ったりしている。

あそこを切りたいのだが、これでは手も足も出ない。

というか、巣はどうなっているのか。こちらもボーボーで見えやしない。

気のせいか、一歩踏み込むと飛び出してくるようで、結局切った枝のゴミもそのまま逃げ帰ってしまったのだった。

駆除の方法は、去年色々調べた。

殺虫剤。

留守を狙って巣を落とす(←去年はこれ。)

共存。

こうなったら共存が一番ラクでセイフティなのかもしれない。

しかし、こうボーボーだと巣の様子が分からないのである。ハチシーズンの終わりが分からない。

そうこうして慎重に待っている間にも、エニシダの枝は成長することだろう。

どうせ毎年来るのなら、カモの親子にしてもらいたい。