人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

1±0.005

あまり知られてない事だが、胃袋と瞼は体の中で繋がっているらしい。

今日の天気予報は雨、山登りは中止と踏んで、昨夜は深夜の脱走を計画していたのだが、ダンナ、昨日は輝いていた。

ゲームの神が降りたのだ。

何と彼は3時まで、モニターの中で一緒に狩りをした。

酒が入るといとも簡単に眠るダンナのはずだが、そうか、昨日は休みであった。

昼寝で充電したとか。

たまには会社の仲間と飲みたかったが、この廃人的ゲームナイトも非常に楽しかったので良しとする。

それによって今日の午前は潰れた。

まぁ予報通り天気も悪かったのでそんなに悪いとは思ってないが、起きたらまたゲームである。

ダンナはギターのレッスンに出掛けていったが、彼が戻っても楽しくて止められず、「昼」だったものが「夕方」に近づいてしまった。

300gのステーキを食べに行く。

昨日から「入り」の方は軽く「出」をオーバーして蓄積されているが、それを放出すべき時には瞼が重い。

胃袋と瞼は連動するのだ。

中で繋がっていて、胃袋が重くなると瞼が下に引っ張られる。

家に着いてDVDを見始めたのだが、気がついたら寝ていた。

それを見たダンナは「少し寝よう」と仕切りなおし、布団に向かった。

起きたら8時。20時である。

晩御飯の時間だ。

宴のスタートである。

夜更かしして、昼に起きて、昼飯食べ過ぎて、昼寝して、夜起きて酒を飲む。

これを1とすると、毎週ブレなく「1」である。

明日こそ山登りで大きく100ぐらいにブラすつもりだが、今から飲んでどうなるかの~。

ふぁ~~、良く寝た。

危険な目覚めである。