人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

魂でもいいから、そばにいて / 奥野修司

「東日本大震災後に起こっている、心霊体験のことを書いてみないか。」

ノンフィクション作家である奥野氏に打診したのは、2千人もの患者を看取った緩和医療のパイオニア・岡部健氏。

「臨終間際に起こる『お迎え現象』ならまだしも、幽霊話など・・・。」

始めは乗り気でなかった奥野氏も、霊現象は科科学的に解明されなくとも、それを体験したという話は「その人にとっては」事実であることに思い当たる。

これは、怪談ではない。死者と生者を繋ぐ、彼岸と此岸の逢瀬。

岡部氏は、体験者への聞き取りを始める。

それは、突然大切な人を喪った絶望から、「魂がそばにいる」ことを感じることで、再び生きる勇気を手に入れたという物語であった。

「夢に出てきた」という程度のものから、ドアを叩かれた、メールが来た、など体験は様々。

しかし大切なことはそれが科学的に証明できることなのか、思い過ごしなのか、偶然か、などということではなく、その体験が遺族を救うという事実なのである。

誰一人として、それらの不思議な体験に恐怖を感じていなかった。

喪った人との再会、その存在を感じること。

それが絶望の淵にいた遺族に、再び前を向いて歩き出す力を与えたのだ。

「大自然という大海の中に論理という網を投げて、引っ掛かってきたものが科学的成果で、大半の水は科学という網目からこぼれ落ちる」とは、物理学者中谷宇吉郎氏。

「幽霊」と「魂」の違いを考えさせられる一冊。

ぽ子のオススメ度 ★★★★☆

「魂でいいから、そばにいて」 奥野修司

新潮文庫