人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

物見山・日和田山

一ヶ月ぶりの登山。

今回は、「ファミリーで行ったよ!」という情報を頂いていた、日和田山へ。これだけだとちょっと物足りないので、物見山も登るコースで。

難易度的にはこのあたりが丁度いいかなEE:AE5B1

ただ、5時間もかかってしまったので疲労がハンパない(笑)

武蔵横手の駅を降りると、もうそこは山の中だ。

やぎの家があった(笑)

入山料200円を払い、まずは五常の滝へ。

これではサイズ感が分からない(笑)

こんな感じ。

コンパクトで品がある滝である。

入山料がかかるだけあり、物見山までは整備されてとても歩きやすい。

舗装部分も多いので、バイクや自転車も走っていた。

かなり登った上の方にもまだ民家があり、のどかな風景であった。この辺は昔とあまり変わってないんだろうな、と思うと感慨深い。

すっかり季節が変わった感があったが、陽があたるとやはり暑い。

もう虫も少なかろうと油断した、虫除けを持ってこなかったらたくさん食われてしまったEE:AE5B1

物見山の山頂では、お昼を食べている人多数。

しまった、昼ご飯のことを全く考えていなかった、おにぎり食べたいぞEE:AE5B1

日和田山に着くまでにも何ヶ所か、おにぎりポイントがあった。

モデルコースは3時間半とのことだったのだ。昼にはもうゴールしているはずだったのである。

また5時間もかかるとは、予想だにしなかった。おにぎり・・・。

途中に売店と綺麗なトイレあり。

ビールまであったが、おにぎりがないのだよ・・・。

すでにかなりの時間が経っており、正直私は凄く疲れていた。

しかし疲労を感知してしまうと苦痛になりそうだったので、淡々とただ歩くよう努める。

日和田山には鳥居があった。

軽装の人やファミリーが多く、気軽に散歩気分で登れる山のようだ。所々キツかったがの。私には。

ゴールは高麗駅だ。飲めるお店はない。お疲れ乾杯は地元に戻ってから。

ずいぶん涼しくなったが、まだまだ半袖で歩けるぐらいだ。

いつまで山に入れるかな??

あー、まだ体が痛い(笑)