人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

昨夜の妖精

ダンナがリハでいないので、ゲーム三昧だ。

ところがどうにも集中できない理由があったのだ。

・・・・・・・肉を・・・。

いつの肉だったか、大きなパックで買ったので余っていたのである。

ラップに密閉してチルドルームに入れてふんぞり返っていたが、いい加減何とかしないとまた捨てる羽目になるぞ。

ちょうどマリネ液が余っていたので、肉のマリネにすることにしたのだ。それに合わせて食材も買った。

しかしだよ、それでも延ばし延ばしにしたために、もう後がない状態だ。

二日酔いだというのに。

やりたくないやりたくないやりたくない、でも捨てたくない捨てなくない捨てたくない、知らんぷり知らんぷり知らんぷり、とゲームを続けていたが、ゲームも難所にかかり進めなくなると、逃げたくなるものである。天秤にかけて、調理を取った。

まずキッチンで、どこかで見たような容器が洗ってあったので「?」とは思った。

昨日も相当酔っての帰宅である。それでも足らずに飲んだのだ、何があってもおかしくはない。

野菜を切るか、肉を焼くか・・・、冷蔵庫を開けると、肉がない。

そして、見覚えのないタッパー。

なんだこりゃ。

ま、マリネEE:AE5B1見栄えは悪いが、これはマリネに間違いない。

どうやら昨日、作ったようである。洗ってあった容器は、マリネ液が入っていた容器であった。

酔うと時々妙なやる気がみなぎることがあるが、良くやった昨日の自分EE:AEB30こういう感じ→EE:AEB64EE:AE46FEE:AEAAB

あー、本気で助かった。

マリネ調理を免れたのだ、それよりナンボもマシな皿洗いぐらいやっておくか。

こうして休日だというのに、流しが綺麗になった。

おっし、じゃあ今度はゲームだ。こっちも何とかなりそうな気がしてきたぞ。

土曜の夜は、まだまだこれからである。