人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

たかくら@新所沢

比較的近い新所沢に濃厚博多ラーメンのお店ができたという情報があり、行ってきたのだ。

変わったね~~、シントコ。

「あっち側」の出口はまだ昔の面影を残しているが、駅は新しくなっていた。

そんな改装の折にできたお店だろうか。

駅と一体化した建物の中に、お店はあった。

メニューはスープの濃度に合わせて一番釜、二番釜、三番釜、となっている。

一番濃度の高い限定50食の「三番釜」を、麺硬めにて注文。

出てきたラーメンはなるほど、濃厚そうなヴィジュアルである。

麺はムギュッとした強いコシがあり、バキバキしない硬さ。

極細ながらしっかりしていて、心地良い食感だ。

スープはまろやかで濃厚、しかし重くなく食べやすい域だ。

ただ、妙に甘い。ちょっとこの甘さ苦手かもEE:AE5B1

個人的には惜しい!という感じだ。

トッピングはキクラゲ、ネギ、チャーシュー、と九州系の基本で特筆すべき点はなし。

しかし卓上の唐子高菜がとっても美味しかった!

これでスープの甘味を消す。

替え玉は1つ無料。嬉しいサービスだが、ダイエット中にて我慢。

二番釜を食べたダンナは、今度は私の三番釜に投入して2度楽しんでいた。

しっかり作られた感じのあるラーメンではあったが、あの甘味が個人的にはキツかった。

そういった事で、ちょっと残念なラーメンだったのだ。

ぽ子評価です。5段階で、

麺:5

具:3

スープ:3

総評:3

「三番釜」