人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

2013年のサプライズ

<<自動投稿になってます。コメントのお返しが遅れますEE:AEAD9EE:AEAD9EE:AEAD9>>

クリスマスイブ、クリスマス、と寝込んでいたので、我が家には「それらしい」ものは全く何もなかった。

それ以前に、イブはダンナの誕生日なのである。なのに、24日は寝込んだ女房に鍋焼きうどんを買って帰るという可哀想なダンナであった。

だがナメんな。

誕生日イベントは、休日である前日に済ませておいたのだ。

もちろん当日何もナシというのもアレなので、色々料理ぐらいは考えてはいたが、まぁこちらは流れた。

じゃあ前日はざぞかし、と思われるかもしれないが、しょせん私の考えることである。やはりスカッスカの訳の分からんイベントになってしまったのであった・・・。

まず、金がない。

その問題を解決するために、毎月千円ずつ積み立てをしておいたのだ。実際には積み立てを忘れた月が何度かあり、その穴埋めもしなくてはならなかったのだが。

少ない軍資金で、いかに誕生日を祝うか。

そこに必要なのは、もう「脳力」しかない。工夫だ。金で足りない部分を補うのは、サプライズである。

かといって金のかかるサプライズはできないので、驚き度数はかなり下がる。というか、驚かせるようなことは思いつかなかった。

なので、「行き先の分からない旅」という微妙なサプライズになってしまったのだった。

しかし、サプライズだけではプレゼントにならない。なのでどこかに「欲しいもの」を入れることになるのだが、「欲しいもの」とは何か。軍資金に限りがあるので、ここはやはり「食べる」とする(笑)

たまたま雑誌で見た食べ放題特集で、千葉の漁港の網焼き食べ放題が載っていたのを見つけていた。

千葉か~。海。

何となくいいね。

じゃあJRのフリーパスなんか買って、ぶらりぶらりしながら千葉、フェリーに乗って久里浜、おっ、その日は祭りと花火大会やってるし。

こうして決まった予定が、

・早稲田でお墓参り

・千葉の浜金谷で網焼き

・浜金谷からフェリーで久里浜

・久里浜で祭り

・久里浜の「はなの国」にて花火

こんな感じである。

早稲田から千葉で時間が余りそうな予感がしていたので、その辺は途中下車で調整することにした。

まず最初の失敗は、お金を忘れたことだEE:AEB64

バス停に向かう途中で気づいて戻ったが、バスの時間までは賭けとなった。また走るEE:AE5B1いつも辛いよーEE:AEB30

次の失敗に気づいたのは、電車を降りた時だったか。この日の予定表を忘れてきた。これにて、記憶頼みとなる。

そして。

早稲田を出たのが10時半頃だっただろうか。

新宿駅で降りたらたまたま千葉行きの電車が目の前に来ていたので乗ってしまった。

各駅であった。

まぁ時間はたっぷりあったし、ルートも良く分からんのだ。眠いし座れたし、これで千葉まで行こう。グー。

千葉。

乗り換え。

君津まで行ったら、次の電車まで30分待ち。

降りてみたら、何もない。

パチンコ屋と学習塾と英会話と本屋。小さな定食屋2軒。ここでやっと探し出した娯楽はスーパーであった・・・。

時間が来て、電車に乗る。ここからは確か5つとか6つで着くはずなのだが・・・。

長い・・・。

駅と駅の間が異様に長いのである。

余るはずの時間は、迫り来る時間となっていた。

網焼き屋は4時まで。時間はもう2時半になっていた。

何とか3時には滑り込んだが、この網焼き屋がまたなんともビミョーな品揃えで・・・。

もうホント、ごめんなさいと言って逃げ帰ってしまいたかったEE:AEB64

なにこの誕生日、なんでこんな目に合わせてるの(笑)

店を出たら、ちょうど「フェリー乗船開始します」と言っているのが聞こえてきた。

すぐそこがフェリー乗り場なのである。

「ゲッ、急がないと!!」ここでもまた走る。

「なんで!?」フェリーに乗るなど聞いてないダンナが走りながら聞く。

「だって船、出ちゃうよ!!」

「えっ、乗るの!?マジで!?」聞いてねーし的に走らされるダンナ。

ムードもへったくれもなく、ストロング・ゼロのレモンの500ml缶を飲みつつ久里浜に向かう船から外を見る。

ちょうど夕暮れ時だったが、雲が多くて夕日は見られなかった。どこまでもついてないよEE:AE4E6

で、次は祭りの予定だったが、もう花火の時間が迫っているのでそれは飛ばす。

久里浜港に降りると、目の前にドーンと「はなの国」と書いた山がたっていた・・・。

「あそこ・・・??EE:AE5B1

聞けば、バスなどは出ていない、歩くと言ったらコンビニの店員は一瞬絶句した。

「歩けますけど・・・、結構ありますよ??」と言って道順を教えてくれたが、もう諦めた。気力がない。

後はほとんど寝て帰ってきた。

疲れました。

次の日になったら風邪引いてました。