人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

土曜日の春散歩

<<自動投稿になってます。コメントのお返しが遅れますEE:AEAD9EE:AEAD9EE:AEAD9>>

武蔵小金井でライブがあったので、小金井公園を散歩してから向かうことにしたのだ。

小金井公園は家からだとアクセスが悪く、いくつかルートがある。

どれが早いか検証するため、私とダンナと別々に向かうことにしたのだった。

「バス到着まであと20分。」ダンナがスマホのバスロケを見て言う。

「20分!?間に合うかな!?」

「ギリだね。急げば大丈夫だと思うよ。」

私のルートは、バス停までが遠いのだ。その代わり、バスで1本。乗ってしまえばラクチンコース。

慌てて飛び出した。

いつもならパチンコ屋の前を通るのだが、公園を抜けるルートを覚えたばかりであった。パチンコ屋より公園の方がいいに決まっている。公園を抜けていく。

ところがその先で道を間違えた。ひとりで来たのは初めてである。そんなにややこしい道でもないのに、よりによって今間違えるとは。

知っている道に出たら、時計とバスロケを見てみる。

バスは、あと10分。

10分??

まだ4分の1ほどしか進んでいない。なのに時間はもう、半分過ぎてしまったのだ。

走った。

バス停まで全部走った。

疲れた。

バスより5分も早く着いてしまった。逃すよりはいいか。

無事目指すバスに乗り、本を取り出す。たくさん読めるチャンスだ。

ところがメガネがない。慌てて出たので忘れてきたのだ。

小説の字など、全く読めん。諦めてスマホを取り出す。

ところが「インターネットに接続されていません」となってどのサイトも見られないのである。

一体どうした?訳が分からない。変なところをいじってしまったのだろうか?

やることがなくなってしまった。外を見ながら「もし金持ちになったら」と空想して過ごす。都心のタワマンに住んだ。

「次は、小金井公園北~。」アナウンスが耳に飛び込んでくる。逃すな、オッチョコチョイ。即座にボタンを押す。ピンポーン、はい、止まります。

ところがアナウンスには続きがあったのだ。「小金井公園にお越しの方は、『小金井公園西』でお降りください。」なに!?なぜに後出し!?

心拍数が上がる。どうしよう。

まぁ西に行け言っても、同じ公園の北だ。同じ小金井公園じゃないか。少し歩けばいいだけだ。

いやいや、そういうイレギュラーがあったら、正しい検証にならないぞ。

私は恥を忍んで運転手さんに、「間違えました、次降ります。」と伝えに行った。

という事で、降りるのは次だ。運転手さんのすぐ後ろで、私は待った。

「次は~、日生住宅~、日生住宅です。」

なに!?小金井公園北の次は西じゃないんかい!うう、「次」と言ってしまった。さすがにもう一度間違えた、は恥ずかし過ぎる。

仕方なく私は日生住宅で降りた。

「小金井公園西」はその次のバス停だったので、歩いたのはひと区間で済んだ。そして、ダンナより早く着いたのだった。

とは言ってもダンナが来たのは次のバスだったので、結果的にはどちらから行っても大して変わらないということが分かったのだ。有意義な検証であった。

スマホを見てもらったら、「機内モード」になっていることが分かったのだ。インターネットができなかった原因。

晴れてスマホも復活し、公園を散歩していると売店を発見。

そこでビールを売っているのを見つけてしまうのである・・・。