人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

獲物

<<自動投稿になってます。コメントのお返しが遅れますEE:AEAD9EE:AEAD9EE:AEAD9>>

みつこ。

あれほどお散歩に手こずっていたミッツだが、かなり落ち着いてきたと思う。

だいぶ歩調も合ってきたし、グイグイも限定的だ。

なので逆に褒める機会が減ってしまったのだ。普通に歩くことが、普通になった。

それでも、気になる場所が出て来ると、反射的に突っ込んでいく。

まぁ動物だ、ある程度は仕方がない。

飛び出しだけは怖いのでキッチリ止めて「待て」をさせるが、昨日は一瞬の出来事であった。近すぎて、引っ張られる感覚がなかったのである。

気が付くと、植え込みを激しく嗅ぎまわっていた。

「行くよ。」と軽くリードを引くと大人しくついてきたのでまた歩き出したのだが、ふと気づくと何かを咥えている。

食べるでもなく、芸でもするように口に咥えて誇らしげにトコトコ歩いていた。

何だろう?

鳥の翼であった(笑)

「ダメッッッ!!!」

恐怖と嫌悪で、かなり凄んだとは思う。

ミッツはこちらを向いて、すぐに「それ」を口から落とした。

あどけない顔で、口を開けて笑っている。

ミッツ、おりこうさんになりました。