人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

心元@東村山

哲麺のあったところに新しいラーメン屋さんができたよ!・・・というマイミクさんのつぶやきで知ったのだ。哲麺のあったところに新しいラーメン屋さんができたらしい。

どうも二郎系っぽいとの事で、早く行きたかったのだ。

11時45分オープン、12時に着くと行列ができていた。

ちょうど席は埋まり、みなさんこれから食べるようなタイミング。これは待つぞEE:AE5B1

15分ほど待って座れた席はテーブルだったが、混んでいたから相席だ。

メニューはラーメン、味噌ラーメン、辛味噌ラーメンの3種類に、トッピングの違い。

1回目なのでラーメンに。

注文時に野菜の量とニンニクの有無を聞かれる。どちらも普通で。

見た目、二郎を思わせるものだが、あれほど強烈な感じではない。

量は一回り少なく、チャーシューも厚切りながら1枚。

それでも野菜がこんもりと盛られ、「それっぽさ」を思わせる。

豚骨の香りのするスープはオイリーで、こってりとした仕上がりだがさほどインパクトはない。

何というか、ダシとかタレとか言う前に油っぽさが突出している感じだ。

ただ、ここから油をとったらそれはそれで物足りなくなりそうなので、これでいいのかもしれない。

麺は太め。ゴワつかない滑らかなもので、ほのかに小麦の風味があるような。

「レディース」という150gのメニューもあったが、これでちょうど良かった(笑)

もやしとキャベツはたっぷり。

結構スープが油っこいので、バランスはいい。

茹で具合もシャキシャキで、みずみずしさがある。

チャーシューは油の少ない部位だが、柔らかく煮込まれてホロリと崩れる。厚切りでボリュームあり。

「二郎系」というと似て非なるものだが、この系が近くで食べられるようになったのは嬉しい。

今度は長く続いてくれるといいのだが。

ぽ子評価です。5段階で、

麺:3

具:4

スープ:3

総評:4

「ラーメン」