人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

Welcome Back!!

二度寝の得意なぽ子、人間のクズ!40歳、今日は朝からの出勤であった。

5時までのほぼフルタイムだったため、ネタがない。

起きた、送り出した、アイロンかけた、食べた→出勤→退社→買い物、帰宅である。

目覚しを取り替えたので速やかに目覚め、ダンナも娘ぶー子も普通に出掛け、アイロンも滞りなくかかり、帰りは半額の肉を射止め、無事帰宅である。

どこにネタの隙が。

多くの時間を占めた仕事だが、まぁこれだけ会社で過ごせば何もない訳ではない。

表面的には普通に仕事をして帰ってきたが、やはり他人との関わりは多くの刺激や摩擦を生む。

私は落ち込み、救われ、喜び、悩み、と一通りの感情を味わった。

だがそれだけである。

時間が来れば退社、私は私に戻る。

「ネトゲ廃人・・・。」

家に帰るとぶー子が先に戻っていたが、目下ハマッているネットゲームの話ばかりするのでボソッとそう呟いた。

まだ廃人にはなってなかろうが、かなりネトゲ人にはなっているだろう。

今日のゲーム時間を少しでも多く捻出するために、眠くてたまらないがやれることを先にやってしまう。

そうだ、眠かったんだ。

2日間酒を断ったが、案の定眠れなくて寝不足である。

栄養士さんよ、肝臓の健康はこれで蘇るかもしれないが、あなたは私の睡眠時間の事までは考えてくれなかった。

金曜日である。

もう2日前の事も思い出せないでいる。

忙しかったのか。

まぁ、忙しかった。

しかし彼女はキツい職場で歯を食いしばって頑張り、彼らは新しい仕事を与えられ、それに順応しようと努力を重ねている。

自分なんてどんだけのもんじゃい。

浮いたり沈んだり、些細な事で揺れている場合ではない。

そう、疲れた。

やっと1週間が終わる。

週末の始まりだ。

自分に戻る。