人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

リラックスゾーン

<<自動投稿になってます。コメントのお返しが遅れますEE:AEAD9EE:AEAD9EE:AEAD9>>

「じゃあそろそろ行こうか。」

食べたいものは食べたし、まだこの先があるのだ。のんびりもしていられない。

地元の中華屋にて、席を立とうとしたその時。向かいにいたダンナが消えた。

屈んだからテーブルの下に消えたのだが、再び現れたダンナはテーブルに割り箸の入っていた紙の袋を置いたのだ。

わざわざ拾ったのか?「いや、今、使ったから。」

「え?これを?何に??」

「靴べら。」

えーっ!?これを!?

「靴べらなんかになるの、こんな紙が!」

「ならなかった。」

だろうなぁ。ってか、靴脱いでたんかい。

全くテーブルの下など、どうなってるか分かったものではない。

かくいう私も、今はイスの上であぐらをかいている。

テーブル下の腰から下は、皆のリラックスゾーンだ。覗いちゃダメよ。