人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

クリスマス・イブ

またはダンナの誕生日とも言う。

朝まで飲んだので、激しい二日酔いである。

上着も着たまま、前日の格好のままでベッドに寝ていた。

ウゲロ、喉渇いた。

動くのも辛かったが、このまま布団に入っていても渇きは癒されない。

頭痛も酷い、薬を飲みたい。

観念してリビングに下りる。

ゴッド、飲み物が麦茶しかない。

コーラかスポ-ツドリンクッ!!

麦茶の出番はその後なのだ。

買いに行くしかない。まぁ歩いてすぐのところに自販機がある。

幸い洋服着たままだ。おでかけ着だぞ。

私はおもむろにエルにリードをつけ、片手で抱えて家を出た。お散歩兼、だ。

実はまだ酒が抜けてなかった。エル、ごめんにゃ。

寝起きと頭痛で目が開かない。

シブ目のまま行って帰ってきた。

アクエリアスを1本飲むと、「ラーメンどこにする?」とダンナ。

う~、気持ち悪いが、食べないとかえって良くない。

ラーメン屋に向かったが、食べる寸前にトイレで吐いた。

アクエリアスとコーラを混ぜた味がした。

ラーメン、半分でギブアップ。

家に帰ったら又すぐに寝たが、6時頃だろうか、目が覚めてからはいい加減眠れなくなった。

まだ頭が痛かったから動きたくなかったのだが、うー、ダンナの誕生日じゃないか。

去年もこんな感じでヒンシュクだったのだ。

ゆっくり体を起こして部屋を出る。

服は半分着替えていた。

下はパジャマのズボン、上は脱げるだけ脱いでキャミソール1枚だ。

頭をボリボリ掻きながら目シブで階段を下りようとしたら、そこに、見たこともない若い男が立っていた。

「イヤーーーーーーッッ!!」

絶叫して後ずさると、彼は小さな声で「こ、こんばんは。」と言った。

「イヤー!!イヤー!!」と叫びながら寝室に戻ったが、誰??こんばんは??

あ、もしかして。

ぶー子の彼氏であった。

ひえっ、こんなカッコ。ついでにちゃんと書くと、キャミソールは露出度が高いので、ブラのヒモが見せブラ状態で丸見えであった。

この彼、前回帰る時に挨拶をしないで帰ったので、「挨拶なしかよ。」とぶー子に言ったのだが、今回は私の方が失礼極まりなかった。

あー、恥ずかしい。

ダンナの誕生日である。

ピザのLサイズを食べてサワー1杯飲んだら眠くなった。

台場で買ったダリとロックウェルの画集を持って寝室に行く。

ダリとロックウェル。

ダリと・・・、

ロックウェル。

昔カセットテープのA面にRCサクセション、B面にリチャード・クレイダーマンを録って周りを驚かせた事があったが、それに匹敵するこの組み合わせである。

で、夢見の悪くなりそうな方を観てから寝た。

二日酔いで終わってしまった。

今年もごめんなさい。