人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

早朝の決意

朝の6時にブログの更新って言ってもなぁEE:AE5B1

他愛のない話になりますが。

最近は、ダンナの出勤時間に「早出」の週が入るようになった。

早出の中にも「超早出」の日もあり、なぜか普通の出勤にも「ちょっと早め出勤」なんていう時も出て来て、なかなか安定しない日々である。

そこへ来て繁忙期に入り、さらに不安定に磨きがかかった(笑)

早かったり遅かったり、仕事の都合で細かく変化する。

なのでペースがつかめず、寝不足が続いている。

今朝なんかはそんなに眠くもないんだが、4時間しか寝てないと思うとダルくて仕方がない。

「寝不足」という事実に、弱いのである。

一時期は4時頃起き出してゲームなどやり、自分をショートスリーパー認定したこともあったが、要は気持ちの問題だ。今は十分に寝たいシーズン。

一方ダンナは、この辺の対処が上手い。

翌朝早いと分かったら、とにかく早く寝る。

家に帰ってご飯を食べてお風呂に入って、それだけで寝てしまう日も多い。

ちゃんと翌朝の起床時間から逆算して、最低限の睡眠時間を確保するのだ。それが日々変わったとしても、着実に変えて守る。

だから私もダンナと一緒に寝てしまえば、睡眠時間は確保できるはずだ。

しかしだよ、私にはやらなくてはならなことが2つばかりダンナよりも多い。

ゲームと読書だ。

読書は布団に入ってから眠くなるための誘導剤として必要、ゲームは最低限の娯楽である。

時間をずらしてやることも考えなくはないが、日中だと後ろめたいものがあるし、残り時間が多いと切り上げる時間が難しい。

一日の終わりに、寝る時間と相談しながらやるのが理想なんだが、現状だと相談したところで「プレイ時間を減らし、かつ寝る時間を遅らせる」という方法でしかひねり出せない状況だ。

30分ばかりやって、これでも寝る時間が遅くなるのである。

そして、読書も削れない。

これを省こうとすると自然な眠りに入れず、かえって寝るまでに時間がかかってしまったりする。

1時間。

あと1時間、私の中の時計を早めたい。

やれる日もあるのだ、できないはずはないんだが。

愚痴トピではない。決意トピだ。今、私は星取ったマリオ状態で何でも叶えることができるのだ。

晩ご飯を作る時間を早めて、片づけにかかる時間を最小限にまでしておく。

晩ご飯の後にスマホゲームをしないEE:AE482

翌朝に回せることは翌朝に。

くだらん。

この程度なのである。やれよ。

つくづく下らない人生であった。

これからは人並みに、大人らしく生きますので。

今週の残る平日は、あと1日だ。来週まで忘れんなよEE:AE482