人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

麺屋武蔵・虎洞@吉祥寺

武蔵系の店はいまやあちこちにあるが、私たちには今ひとつパンチ不足であまり縁がない。

しかしあちこちにある武蔵はそれぞれちょっと違うものを出していて、中には時々興味をそそるものも出てくる時があるのだ。

それがここの「虎つけ麺」。

でっかい肉塊の乗っかった、ボリュームのあるものだ。

ネットの情報にて、画像に一目惚れ。

6時半頃か、待ちは私たちの前に1組。

先に食券をという事で券売機の前に立って知ったのだが、恋焦がれた「虎つけ麺」は、どうやら普通のつけ麺の豪華トッピングバージョンであるというだけの事であった。

それだけあって、値段は1050円。

これだけ出せば、どこでもこれぐらい豪華なものが食べられるだろうとは思ったが、せっかくだったのでダンナがそれに、私は普通のつけ麺にした。

とは言っても、テンションが下がるような事はなかった。

つけ汁は魚介の強い風味のガツンとしたもの。

こってり感は少ないが、結構ストロングな印象で、深い味わいがある。

中にはゴロンゴロンと柔らかい角切りのチャーシューが入っているのが嬉しい。

バリッとしたのり。

と、・・・、と・・・、そんなもんか。

もうちょっと何かあったら嬉しいが。

麺はギュッとしたコシのある極太麺。

モチッとしてこちらもなかなかストロング。

量は並・中・大と選べたが、並は軽め(200g)との事で、私が並、ダンナが300gの中。

スープ割りはアッサリしていたが、「薄い」というようなアッサリではなく、こちらもしっかりとした味ながらどこかクリーミーな感じで美味しかった。

ドカンとしたえげつないほどのインパクトはないが、しっかりした強さのある1杯だった。

ところで虎つけ麺に乗っていた肉塊は、角煮のように凄く柔らかくて味のしみた美味しい肉であった。

懐が暖かいなら、こちらをオススメします。

ぽ子評価です。5段階で、

麺:「4」

具:「3」

つけ汁:「4」

総評:「4」

「つけ麺」

「虎つけ麺」