人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ターニングポイント

膝に加えて今度は肩が痛くなってきたので、膝の病院でついでに肩も診てもらったのだ。

てっきり50肩だと思っていたが、こちらも「どちらかというと炎症」とのこと。

思い当たることと言ったら、膝も肩もビリーズブートキャンプしかない。

先生としては運動は続けて欲しいみたいで、膝に関しては「痛みが良くなるまで膝を使う運動はしない」、肩に関しては「痛みがなくなるまでダンベルは使わない」という指示にとどめてくれたのだ。膝肩も大事だけど、太るのは困る。なので、ブートキャンプは腹筋プログラムだけを繰り返すことになった。

 

しかしだよ。いつ治るのこれ?!酷くなりもしないが、全然良くならないよ!

コロナの間は運動お休みしてたのに、全然ちょっとも良くなっていない。

もうね、症状が85歳の父と全く同じ。父の愚痴と私の愚痴が全く同じなのだ。

原因は加齢か。もう私の人生は膝肩痛込みということなのか。

 

良くならないんじゃしょうがない、このうえ太りたくないので、久しぶりにダンベル持って基本プログラムをやることにした。キックとスクワットは飛ばしたが、動きがふた回りほど小さくなった気がする。

そもそも54歳のビリーズブートキャンプが年寄りの冷や水なのか??

 

「我々ぐらいの歳になると、若い頃のようには眠れなくなるんですよ。」眠剤を貰っている病院の先生は言っていた。

少しずつ、生活様式を変えていく時が来ているのだろうか。というか、観念する時が来たか。

 

ストレッチやヨガで痩せるかな。

はぁ、歳は取りたくないね。