人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

フィフの実感

サンタイザベル・ぽ子、48歳。

世間でいうアラフィフになってしまったが、正直、あまり歳をとった実感はなかった。

何しろ音楽活動は現役で楽しんでいるし、ゲームだって相変わらずハマッている。

歳をとったからと言ってできなくなったことは、これといって思いつかないのである。

むしろ自由になった分、今が本当の青春だと言いたいぐらいであった。

しかし「それら」は個々に時間差で現れたために、「衰え」と認識できなかったに過ぎなかったようだ。

顕著なのは老眼で、もうこれはホントに酷い。

ちょっと前までは「本気出せば見えるところを、面倒だからメガネの力を借りているだけ」と本気で思っていた。

目の奥に力を入れれば、焦点など合うものだと思っていたのだ。

実際、そのような時期もあったように思う。今思えばあの頃本気出していれば、まだ目の体力は鍛えられていたかもしれない。

もう小さい字は全然見えん。特に丸っこい数字はダメだ。0とか6とか8とか3とか。

市販の薬の説明書なんか、サッパリ見えん。

1日何回、1回何錠ぐらいは大きく書いてくれ。

体力の低下なんかも、実感したことはなかった。

なまじっかブートキャンプなんかやったために、人よりタフなんじゃないかと思っていたぐらいだ。

しかしだ。

ここ数年からのグッタリ具合はなんだ?

これを私は体調不良だと呼んでいたが、良く言う「40過ぎたら無理がきかなくなって」というロックと対極にある状態のことではないのか?

決定打は肩だ。

最初は筋肉痛か筋違いだと思っていた。

この頃ブートキャンプもサボりがちで、たまに気合入れてやると、体が痛くなったりする。

特に腕は、1.5kgのダンベルを使っているので、筋肉痛になりやすい。

筋肉痛だ。

そう思っていたのだが。

全然治らない。

こんなにサボッているのだから、すぐにでも治ってもいいはずである。

そして、この痛み方。

なんかちょっと違う。

痛む角度がある。

どことはうまく言えないが、Tシャツなどボタンのない服を脱ぐ時、肩が上がると痛むのである。

四十肩かEE:AEB64

嬉しいことに、先日のライブの時に誰かが「四十肩になって」と言って盛り上がったが、ちょっと待て。

私の場合むしろ、五十肩じゃないかEE:AEB64さっきアラフィフ言ったばっかりねEE:AE5B1

生きているんだ、歳も取る。

生きているんだ、衰えもする。

その先にある棺桶までに、あとどれだけのことができるだろう??

ファイナルファンタジー15はクリアしたいのー。