人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

土曜日、快晴、開成。

スマホのメモ帳には、夢が詰まっている。

行きたい場所。

読みたい本。

観たい映画。

食べたいもの。

そういったものを、カテゴリー分けしてメモにしているのだ。こうして残しておけば、忘れることはない。いつか叶えられる、夢。

そんな中の、「TRIP(遠)」を開く。この土曜日は、予定がなかったのだ。一日空いているので、どこかに出掛けようということになった。

あきる野市のしいたけ。

上高地。

道の駅さかい。

そんな候補に紛れて「おんり~ゆ~(足柄)」という文字が。

おんり~ゆ~だと?なぜにオンリーユーでもなくOnlyYouでもなくおんり~ゆ~??酔って入力したのか?

気になって、検索してみる。オンリーユーで。

 

あった(笑)おんり~ゆ~。温泉だ。おんり~湯~。

HPを見ると、「広葉樹林に囲まれた露天風呂」、「野鳥のさえずりや、側を流れる上總川のせせらぎ」などと魅力的である。

暑くて外を全く歩けない状態であった。電車で移動して温泉なら、体に負担も少ない。どころか、温泉でデトックス、サウナで整っちゃったりしていいことづくしではないか。

決まった。

土曜日はおんり~ゆ~へ!

 

新宿から小田急線で1時間半。「開成」。開成??

山が近くに迫る。

 

予約した送迎バスで向かったのは、山の奥深くであった。

確かに森の中の温泉のようではあったが、HPの写真は盛ってるだろwなスケールで若干肩透かし。

それでも、サウナに出たり入ったり、ぬる湯にず~っと浸かったりでかなりのんびりしたのだ。

ところでサウナだが、今回も「整う」というような状態にはならなかった。

そもそも水風呂がなく(もしかしたら見逃していたかもしれない)、水シャワーで代用したのだ。その時点で諦めてはいた。

完全に体を預けられるデッキチェアがあったので、そこで「整い待ち」をする。

これまでで一番「整う」に近い状態と思われたのは、音の聞こえ方が変わってきた時である。

それもなく、ただ気持ち良く伸びていた。

何も起こらなかったが、気が付くと呼吸が非常にゆっくりになっていて、異様に呼気が長くなっていた。というか、吐き切って、しばらく止まっているのだ。

整わずとも、何かとてつもないリラックス効果があったのではないかと思う。

一歩間違えたら死にそうだがな。

 

こんな感じで私の入浴時間がどんどん伸びているために、ダンナの待ち時間も伸びていた。ところが今回はダンナもサウナ水風呂を3往復もしたようで、さほど時間差はなくなっていた。

「整う、みたいな感じにはならなかったけど、そういう状態があるって言うのは何となくわかるような気がする。」

先にダンナに整わせたくない(笑)整うなよ。待っとけ。

 

そして、お楽しみの風呂上りのビール。外の木々を眺めつつ、至福の時だ。

しかしまぁ、ビールもつまみも温泉料金だ。あまり品揃えも良くなかったので、危うく3300円のボトルワインに手を出すところであった。

宿泊もできる温泉だ。ここは日帰りよりも泊まっちゃった方が楽しめそうである。飲み物は持ち込みで。できるかどうかは要確認。

ハンモックや、

デッキチェアがあるので、

もう少し涼しい時期に、本でも読みながらのんびりするのも良さそうだ。

 

15時50分のバスでまた開成駅に戻り、1時間30分かけて新宿に出て、地元に着いたらまた乾杯。

温泉行って帰っただけなのに、一日がかりであった。

 

TRIP(遠)。

久し振りのプチトリップとなった。