人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

ファイナルファンタジー13 ~ネオチュー再び~

ネオチュー戦、再び。

勝てる気がしないので、まずは久しぶりにオプティマ編成を変えてみることにした。

ポイントは、攻撃・守り共に補助魔法をキッチリ入れつつ、守り一辺倒にならないようにすることだ。

アタッカー・ブラスター・ジャマーの組み合わせを入れる。

ジャマーのオプティマはこれまでジャマー・ブラスター・ジャマーになっており、ジャマーふたりもいらんかー、というところである。

回復も、ヒーラー過剰気味だったので、アタッカー・エンハンサー・ヒーラーのところを、アタッカー、エンハンサー・ブラスターに。

ディフェンダー・アタッカー・ヒーラーの組み合わせはほとんど使わなかったのでディフェンダー・エンハンサー・ヒーラーに。

エンハンサーを多めに入れ、様子を見つつジャマー。平行してアタッカー、ブラスター。大きなダメージにはヒーラーふたりががりで回復。

こんな感じになった。

う~ん、大きなダメージは入れられず攻撃のテンポは悪いが、守りはうまい具合に固まったと思う。

最初のオプティマをディフェンダー・ヒーラー・ヒーラーにして1発目を無防備に食らわずに済んだのも良かったようだ。

しっかり守りの補助魔法をいれ、早めの回復を心がける。これで大きな攻撃にもひとりふたり耐えられるようになった。

しかしチェーンゲージはなかなかたまらないので、地味に攻撃を入れていくしかない。

それでもコンスタントにHPを削れていたので、粘れば勝てるか?という希望はあった。

そこで、はぁ?ピコチューてEE:AEB64

何が起こったのか理解するのに時間がかかってしまった。気がついたら小さいのに囲まれていた。

決定打は何だったのか、ここでゲームオーバーだ。

敗因は、ピコチューが出てきたことによって、敵の攻撃パターンが乱れたことではないかと思われる。

どうすりゃ良かったんだ??

敵が増えればそれだけ守りも厚くしなくてはならないし、かといって守ってばかりだと敵の数を減らすことができない。

そういえば、ネオチュー含めてライブラ忘れていたEE:AE5B1こういうのも地味に痛かったのかもしれない。

次にできるのは、チェーンゲージを良く見てチェーンが途切れないように気をつけること、ピコチューが出た時点でライブラスコープ使用、ネオチューとまとめて1回で済ませること、ぐらいか。

早く戦いたい。