人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

Paper Beast[攻略5]・Chapter4-3

前回はコチラ。

e-poko.com

 

 

次のエリアへ。凍っている。やはり強い風が吹いていて、子供達が進めない。

氷の下に、何だこれ??

このあったかそうな燃える岩を持って行って氷を溶かす。

虹色のまゆのような物体。触れたら消えてしまった。

 

 

さて、ここにも紐が生えているので、利用しましょう。

 

 

 

親の数が3、子供の数も3。じゃあ親子で繋いじゃおう!

親は寒いからか、燃える岩の方へ行こうとする。岩で親を木のふもとまで誘い出す。

 

 

木のもとにたどり着くとまた木がグングン伸びていくが、実がならないようならどこかにまだ親子を置いてきています(笑)

 

 

 

ワープの実がなって、落ちて来る。これに触れてワープ!

 

 

あれ?1匹しかいない。

さしあたって紐を取って、この子を掴んで先に進ませる。

 

 

 

行った先には狂暴なヤツがいて、襲い掛かって来る。カラフルなやつ。

 

 

こいつはこのくす玉みたいなのに繋いでしまおう。

 

 

 

そしてまた全員木のふもとに集合。実がならない時は、忘れものです(笑)

 

 

 

今度もまた、ワープの実。

 

 

一緒に進んで行くが、この草が生えてるところは、毒があるのかな!?そこを避けてくように。

 

 

また強風で進めず。1匹ずつ掴んで連れて行く。

 

 

 

邪魔で進めない。

 

 

 

動物に繋げば引っ張るので、これでどかせる。

 

 

次の木はあそこ。

また狂暴なのがいて、とってもやりづらい。

 

 

 

夜になってしまった。

 

 

 

これは見つけたら触れるようにしているが、すぐ消えてしまって効果が分からない。

 

 

狂暴なやつも草の毒には弱いみたいなので、白い動物で草の方に誘い出し、へたばってる間に白いのを木のふもとに集めていった。結構大変。

今度は風船の実がなって、みんな飛んでいく。私も気球に乗り込む。

 

 

満天の星空。凄く綺麗!

 

 

さて、降りて新たなエリアへ。

空から降って来る光る物体。

 

 

暗いのでこれを持って歩き回る。

すると、光が当たるとボーボーに生えてた草が、スッと引っ込んだのだ。ここを先に進む。

 

 

 

象のホログラム。これに虹色の箱を当てると、

 

 

 

崩れていく。

これはもう1回出て来るので、同様に崩す。

すると、

突然明るくなって、行進が始まった。おいおい、もう何が何だか😂

 

 

ここからはこのテープレコーダー運びとなる。

さしあたってここは、動物に繋いでしまおう。

 

 

 

紫のワープボールは、見つけたらどんどん触ってワープ!

 

 

 

向こう岸のも触ってワープ!

 

 

 

こいつもわかんないけど、触っておく!

 

 

川上から流れて来るこれは、砂が出て来る塊。

これで砂の道を作って、ヤドカリみたいなのを向こう岸に渡らせてやる。

 

 

 

渡ったらテープレコーダーと繋いで、引いてもらう。

 

 

 

ヤドカリについていく。

 

 

 

次のエリアへ。

とっさに風船にぶら下がってる「黒いの」を切り離してしまった。

 

 

どちらも落ちるので、今度は風船をテープレコーダーに繋ぐ。

 

 

ちょっとこの辺良く覚えてないんだけど、谷底に落ちて??ピンクのヒモがくっついて離れない!!

取れなくなっちゃった。

 

 

遠くを見ると、あんなところに「黒いの」が。何やってる??

 

 

燃える岩だ。今度のは大きい。

持ち上がらないから、テープレコーダーについてた風船を外して、こっちにつける。

 

 

引っ張って、凍っていた水溜まり(湖?)へ。

 

氷が溶けて、流れ込んでいく。

 

 

今度は岩から風船を外し、プカプカ浮いてきたテープレコーダーに繋ぐ。

 

さて、次の難関はここだ。

恐らくこのカーテンの先に進むのだろうが、テープレコーダーは重くて持ち上がらない、風船を付けると進めない、強引に進むと出入り口から吐き出されて戻ってきてしまう。

 

 

動かせるのは、テープレコーダー(要風船)、岩(要風船)、風船。そして、

 

この子。

今のところ何の仕事もしていないのは、この子だけ。この子が怪しい。

とっても軽いが、岩を動かすことができる。ただし、少しだけ。勢いを付ければ回転するぐらいのこともできるが、いかんせんコントロールがどえらい難しい。

「黒いの」が歩いて行った先にいたのだ。そこに虹色のまゆもあった。

 

ここで膠着状態だ。ずっと考えてるが、分からない。

昼前にゲームを始めて、1時か1時半ぐらいと思って切り上げたら、なんと4時過ぎであった。

時間の感覚がおかしくなる。

 

メインで他のゲームをやっているので、不定期更新になります。

またいつかの次回。

 

 

*追記*

出口を間違えていたのだ、入口から出ようとしていた(笑)

詳しくは、次回。