人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デス・ストランディング<191>

医者→マウンテンノット。バイクが欲しいし初めてのルートなので、依頼は受けずに歩いて場所の確認に行くことにした。

すでに誰かが橋を作ったりしてくれていたこともあり、ラクチン。近かったし。

病人の気配がなかったが、とりあえずここでバイクの調達をして、医者のシェルターに戻った。

ここで改めてマウンテンノット宛ての依頼を受注し(近いぞ。プレミアムで。)、納品。

新たな依頼一覧を見ると、病人は「登山家」のところにいることが分かった。ここに納品だ。内容は失念。ってか見もしなかった(笑)

 

さて、新しい行き先である。どう行くべきか。山の中の登山家のシェルターだ、バイクは厳しそうではあったが、ここからずっと徒歩では遠い。行けるところまでバイクで行くことにした。最悪、乗り捨てだ。

 

バイクはどんどん雪山の奥深くに入って行く。

・・・・・・ここ(汗)

前に北中継ステーションからマウンテンノットの場所を探してた時に、迷い込んだ場所である。気味悪っ!

雪が降り始めてBT警告が出たので、バイクを降りる。

BBがいないから、BTを見つけにくい。見つけた時には、もうすぐそばだ。捕まってしまった。

 

しかしここのキャッチャーは1体。何とか倒し、天気が回復している間にバイクで医者のシェルターへ。

バイクは早いが岩場を通りにくく、かなり迂回する形になってしまった。

 

到着。

病人には薬を飲ませた。

しかしこれでは不十分とのこと。医者の所に行って何かを持って来てくれと。何だっけ(笑)まぁとにかく、医者んとこ往復だ。

時間制限60分。壊れ物。

BTいるし無理じゃね~~!?ってとこ。

 

せめて通信繋いでくれ。リサイクルすらできやしない。