人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

デジタルの弊害

気が付くと、スマホで写真を撮る時に赤い何かが表示されるようになっていた。

小さくて見えず放置していたが、どうやらそれは、もうすぐ容量がオーバーするという警告だったらしい。ある日突然、撮った写真の保存ができなくなった。

まただ。これで何度目か。

ストレージではすぐに使い切ってしまうので、SDカードに保存するようにしたのだ。

それでも度々ピンチになるので、時々PCに転送するようにはしていた。

とっておきたい画像はPCへ、いらない画像は削除、これを繰り返していれば常にスマホには余裕があるはずなんだが、なぜ毎度こうなる?

改めて「画像整理」の視点で、見てみる。

PCへの転送がされていない。面倒臭くなったのだろう。習慣にならなかったということだ。

分かっていて逃げていた時期もあっただろうが、今となっては大量の古い画像は当たり前のようにいつもそこにあり、何とも思わないようになっていた。

とうとう向き合う時が来てしまった。

転送、削除、と。トホホ・・・。

このように保存画像が大量化する原因は、似たような写真を何枚も撮ってしまうところにあった。

そこに猫が寝ていれば同じアングルで数枚、アングルを変えて数枚を繰り返し、結果、一度に10枚程度撮っている。

相手が人間でも同じだ。より「いいお顔」が撮れるよう、同じアングルで数枚撮るようにしている。

そしてまた、酔うと無駄に撮りまくる。フィルムというものがなくなり、簡単に削除できるようになった弊害である。

圧巻は、バンド仲間の写真群だ。同じアングルで、違うアングルで、酔っているので誰かれ構わずに大量に撮りまくっている。

そして決定的なのは、こんな画像に対しても貧乏性で捨てられないということだ。

せめて厳選すればもっと数は減らせられるのだろうが、このアングルもいい、でもこのほんのちょっとこっちからのアングルもいい。ま、とっておきましょうか。そんな感じで減らすことができない。

差し当たってPCに転送というところで逃げているが、この大量画像はどうなるんだ?

考える。

このまま溜めていって、再び見ることはあるだろうか?

いや、見たいが、こんな時系列グチャグチャで同じようなものばかりでは、食欲ならぬ鑑賞欲が湧いてこない。

自分が写っていないバンド仲間の写真はどうする?

いつかアルバムにでもして個々に渡せたらと思っていたが、そんな余裕あるのか!?

まずは整理だ。

似たような写真や写りの悪いものは削除。その中から厳選して残す。

それを、それを・・・、どうするん!?

分かりませんEE:AEB64

とりあえずの目標はそこまで。

しかし優先順位を考えると、すぐにはできないぞ。きっとその間にまた画像は溜まっていく。

あぁ、それでここまで溜まってしまったのか。

いつか何とかなるんだろうか、画像。

同じようなことを何度も書いた気もするが。