人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子54歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

バカンス

噂の別荘へ、お邪魔致しました。

 

 

言いましてもごく近所のごく普通のお宅でありますが、一応この他に本宅もあられるようで、バンド仲間のたまり場になりつつある模様。

この日は庭で、バーベキュー!

コロナ制限下での、数少ない貴重なバカンスとなった。

豚バラ肉にタマネギみじん切りが激旨!

ところがキッチンでずっと下ごしらえをしていたため、一切れしか食べられなかったのだ。

ダンナに「キッチンチームの分を取り分けておいて」とお願いしたのに、すっかり忘れられていた。身内の気安さか。

今度はバンド仲間に頼んでおく。すると巨大なホッケを持って現れた。ホッケ(笑)いえ、ホッケばかりそんなに食べられませんて・・・。

 

下ごしらえをしていたのでなかなか外に出られなかったが、たまに肉など持って行くと、風が強くてとっても気持ち良かったのだ。

ゴーヤのカーテンの下にはベンチ。

お酒と仲間達。

そして、室内はスタジオ仕様だ。楽器、アンプなどの機材が一式揃っている。

自然発生的に始まるセッション。私もたまらず弾いてしまう。

あぁ、好きなんだな、と思う。やっぱり音楽が好き。下手だがな。

しかし上手いも下手もなく包み込んでくれるのが、仲間達なのだ。ただ一緒に楽しもうというスタンス。

延々と続く、ブルース。キーボーディストのK氏が、私の弾くキーボードのボリュームを上げに来る。こういうのも、懐かしい。

 

そう、今はなきライブバー「POPROCK」がそこにあった。

飲んで、喋って、歌って、弾いて。

リハも本番もない、ただ気持ちの向くままに弾くセッション。

 

さて、どれほど飲んだだろうか。

帰りは娘ぶー子と同世代の女の子が、車で送ってくれたのだ。まるでぶー子に乗せられているようで、不思議な気持ちだ。この子の成長を感じていた。

 

案の定私は、ミツコ部屋で寝ていた(笑)

そしてこの日も、豚バラタマネギでまた飲むことにした。

塊肉一本分を大量のタマネギでたいらげ、それでお腹いっぱいになってしまったのだ。

昨日はそれで一日終わってしまった。

 

そして今日。

とっ散らかった部屋にウンザリしているところである。

 

バカンスは、終わった。