人間のクズ!

敵は自分の中にいる。ちょっとだけ抗ってみたくなった、ぽ子53歳。

 

<拍手機能について>拍手機能を外部から追加しましたが、反映するまでタイムラグがあるようです。励みにしてますので、ご理解いただいた上でポチっていただければ嬉しい限りです。よろしくお願いします。なお、拍手機能はスマホ版に表示されていないようで、使用できない方には申し訳ありません。

崩壊寸前

ドドドドドド・・・・・。

 

家が揺れた。

いかん、このままでは壊れる。

 

ミッツだ。

どうやら雷が相当怖いようで、一度部屋で遭遇してからは雨が降るだけでこの騒ぎである。

 

今、ミツコ部屋とリビングは、メッシュパネルで仕切っている。

簡易的な構造なので、無人になる時はふすまを閉める。猫とのトラブルを避けるためだ。

ところがだ。

雨が降り出すとまずは、このメッシュパネルの下から潜り出てくるようになった。

自由に歩き回らせる訳にはいかないのでふすまを閉めるが、するとこの騒ぎである。

ああ・・・。

 

 

ふすま側はすでに猫の爪研ぎ化しておりボロボロだったが、その先があった。ズタボロ。取れるものは取れてしまった。

 

 

これではミツコ部屋に戻せない。

ケージに入れるという手もあるにはあるが、ミッツも必死なのだ。こんなに怖がっているのに、それはちょっと可哀相である。

 

かくして。

 

 

リードをつけて、一緒にリビングで過ごしている。

良く寝てら。

幸い大五郎はリラックスしているので平和に時が流れているが、こちらの動きが制限されて不便なことこの上ない。

買い物にも行きたいんだが、その間どうしたらいい??

 

全く、でかい図体してこんなに臆病だとは・・・。